PR
図●作成したメール本文に読了確認のためのリンクを埋め込んだところ
図●作成したメール本文に読了確認のためのリンクを埋め込んだところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ナレッジフローは2010年11月10日、米GoogleのメールサービスGmailのユーザー向けに、送信相手がメールの内容を読んだかどうかを通知できる機能を付加する「メール読んだ」サービスの提供を始めた。サービスの利用料は無料。

 メール読んだサービスを利用するには、同サービスにユーザー情報を登録し、Webブラウザに同サービスを利用するための拡張機能(Firefox用アドオンとGoogle Chrome用拡張機能を用意)をインストールする。

 インストール後にGmailへアクセスすると、作成したメールに「メール読んだリンク」を埋め込めるようになる()。メールを受信した相手がこのリンクをクリックすると、メール読んだサービス経由でメール送信者に確認メールが届く仕組みだ。

 メール受信者は、通知が必要ないと思えばリンクをクリックせず単に無視すればよい。また、メール受信者の環境に依存しないというメリットもある。