PR
11.6型液晶ディスプレイを搭載した「VAIO YAシリーズ」
11.6型液晶ディスプレイを搭載した「VAIO YAシリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2010年11月10日、CULVノート「VAIO Yシリーズ」の追加モデルとして、液晶ディスプレイが11.6型(1366×768ドット)の「VAIO YAシリーズ VPCYA19FJ/B」を発表した。11月27日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は約11万円。

 VAIO Yシリーズは、CPUに超低電圧版のCore i3を採用した、いわゆるCULVノート。従来は13.3型モデルのみ販売していたが、ExpressCardスロットなどを削り、小型化したモデルを追加した。

 今回のモデルは、CPUにCore i3-380UM(1.33GHz)を搭載する。メモリーは2GB(最大8GB)で、内蔵HDD容量は320GB。無線通信規格は、無線LAN(b/g/n)とBluetooth 2.1+EDRに対応する。メモリーカードスロット(SD/メモリースティック)を内蔵。OfficeソフトとしてOffice Home and Business 2010をプリインストールする。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。バッテリー駆動時間は6時間。本体サイズは幅290×奥行き202.8×高さ25~31mm、重さは約1.46kg。