PR

 ビックカメラは2010年11月15日、ネット通販サイト「ビックカメラドットコム」でユーザーIDやポイントの不正利用があったと発表した。原因が特定できていないため、同社は14日0時から通販サイトを閉鎖している。どのような経路でIDやパスワードが流出したのか、現時点では分かっていない。ネット通販サイトを再開するメドも立っていない。

 ビックカメラドットコムの会員数(ネット会員数)は約150万人。このうち120人分のIDやパスワードが流出し、不正にログインされたことが判明している。他人のポイントを使って不正に商品を購入されたのは20件で、被害総額は数十万円になるという。不正に利用された顧客のポイントは、同社の手によって元の状態に戻している。

 こうしたことを受けて、同社は現在、通販サイト上で使えるポイントの利用を停止している。通販サイトのポイントと共通化していないポイント(店舗だけで利用できるポイントカードのポイント)は、通常通り利用できるという。