PR
iOS 4.2にアップデートすれば、「AirPlay」や「AirPrint」などの新機能のほか、iPadでもマルチタスクが可能となり、アプリのフォルダー分けなどの機能も使えるようになる。
iOS 4.2にアップデートすれば、「AirPlay」や「AirPrint」などの新機能のほか、iPadでもマルチタスクが可能となり、アプリのフォルダー分けなどの機能も使えるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]


 アップルは2010年11月22日、iPad/iPhone/iPod touch向けOSの最新版「iOS4.2」を発表した。各端末をiTunes 10.1と同期するとアップデートできる。

 iOS 4.2は、iPad/iPhone/iPod touchで利用できる「AirPlay」や「AirPrint」などの新機能を搭載している。AirPlayは、音楽やビデオ、写真を各端末からApple TVや今後販売される予定の対応スピーカーにワイヤレスでストリーミングできる機能。また、AirPrintを使えば、各端末からEメールや写真、Webページ、書類などの印刷が可能となる。ソフトウエアやドライバーのインストールは不要で、数回のタップで簡単に操作できる。

 さらにiPadでは、すでにiPhone/iPod touchで対応していたマルチタルクやフォルダー、メールアプリの統合インボックス、Game Centerなど100以上の新機能が利用できる。

 これまで有料のサービス「MobileMe」の機能だった「iPhone(iPad、iPod touch)を探す」も、無料で利用できるようになった。App Storeより、無料のアプリ「iPhoneを探す」をダウンロードしインストールすれば、端末を紛失した際におおよその場所を地図上に示したり、端末の画面に見つけた人へのメッセージを表示することができるようになる。また、リモートワイプを実行して端末内のデータを消去し、保護する機能も備える。消去したデータは、端末が見つかったあとでiTunes側に保管された最新のバックアップから復元できる。

 対応機種はiPad、iPhone3G/3GS/4、第2、第3世代(32/64GBの2009年後半モデル)、最新のiPod touch。なお、マルチタスクなどの一部機能については対応しない機種がある。