PR

 米国際貿易委員会(ITC)は現地時間2010年11月23日、米Appleの求めに応じて、米Motorolaの特許侵害行為について調査を開始すると発表した。スマートフォンを含む携帯端末とOS、ユーザーインタフェース、アプリケーションソフトウエアなどが対象になる。

 Appleは10月29日に、MotorolaのAndroid搭載端末「Droid」シリーズを含むスマートフォンが、Appleのタッチスクリーンやマルチタッチ技術、および画面表示や操作に関する特許を侵害しているとして、ITCに苦情を申請。同時にウイスコンシン州の米連邦地方裁判所にも提訴していた(関連記事:Apple、スマートフォン関連技術の特許侵害でMotorolaを提訴)。ITCへの申し立てでは、Motorolaに対して排除命令と差し止め命令を出すよう求めている。

 これはMotorolaに対する逆提訴で、Motorolaは10月6日にAppleを特許侵害でITCとイリノイ州連邦地裁、フロリダ州連邦地裁に提訴している。Appleのスマートフォン「iPhone」や携帯型メディアプレーヤ「iPad」などと一部オンラインサービスが、無線通信やスマートフォンの主要機能に関するMotorolaの技術を不正に使用していると主張し、差止命令および損害賠償命令を要請した(関連記事:MotorolaがAppleを提訴、iPhoneなどによる18件の特許侵害を主張)。

 スマートフォン事業を巡っては訴訟が次々と起きている。Motorolaは米Microsoftからも特許侵害で訴えられている(関連記事:Microsoft、Android端末の特許侵害でMotorolaを提訴)。Appleは台湾HTCとも係争中で、ITCが両社の要請を受けて調査を始めている(関連記事:米国際貿易委、HTCの要請に応じてAppleのiPhoneなどを調査へ)。

[発表資料へ]