PR
アプリケーション常時起動時のGoogle App Engine管理画面
アプリケーション常時起動時のGoogle App Engine管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2010年12月2日、Webアプリケーション・ホスティング・サービスの最新版「Google App Engine 1.4.0」の提供を開始したと発表した。新機能の追加と各種制限の緩和により、動かせるアプリケーションの幅が広がるという。最新版用のソフトウエア開発キット(SDK)はWebサイトからダウンロードできる。

 Google App Engineは、JavaまたはPythonで記述したアプリケーションをクラウド環境で実行できるPaaS(Platform as a Service)。最新版は「Channel API」でクライアント側Webブラウザーとの双方向通信が可能になり、多人数ゲームやチャットルームなど、リアルタイムに通信するアプリケーションを動かせるようになった。

 また、アプリケーションのインスタンスを3個確保し、トラフィックが少なかったり大きく変動したりする場合でも常時起動しておける機能「Always On」を追加した。トラフィックがない状態でもアプリケーションを止める必要がなく、通信再開時のローディング負荷を軽減できるという。料金は月額9ドル。さらに、インスタンスを予約してリクエスト送信にかかる時間を短縮する機能もある。Always Onで常時起動を指定したアプリケーションは、自動的にインスタンスが予約される。

 オフライン要求の時間制限とAPI呼び出し関連のサイズ制限も緩和された。その結果、これまで最大30秒だったTask QueueおよびCronのオフライン要求が10分まで可能になった。1MバイトだったAPI呼び出しのサイズ制限は、URLFetch応答サイズ、Memcacheバッチのget/put、Image APIの要求/応答が32Mバイト、Mail APIの送信添付サイズが10Mバイトに増えた。

[Google公式ブログへの投稿記事]