PR

 古河電気工業の子会社であるミハル通信は2010年12月3日、CATV用の光受信機に関する基本特許が侵害されたとして、ホーチキに対し製造・販売差止め及び損害賠償を求め12月2日に東京地方裁判所に提訴したと発表した。

 ミハル通信では、CATV用光受信機における電気信号の出力レベル調整方法に関する国内の基本特許を2003年10月に取得した(特許番号は3,479,124号、発明の名称は「CATV用光受信機のAGC 方法」)。この特許技術は、主にCATVにおけるFTTH方式の光伝送システムで使用されるV-ONUという光受信機で使用されているという。

 ホーチキは、この特許技術を使用したと考えられる光受信機を、国内で製造・販売していると説明する。そこでミハル通信は、ホーチキに対してこの特許の使用について、2008年秋からライセンスの交渉を進めていたが、この話し合いの中では特許の正当な評価を得ることができなかったため、この度の提訴になったという。

[発表資料へ]