PR

 KDDIと沖縄セルラー電話は2010年12月6日、auのAndroid搭載スマートフォンを利用する法人向けに、セキュリティサービス「リモートデータ削除 for IS series」の試験提供を始めた。試験サービスの提供期間は2011年8月31日まで。

 リモートデータ削除 for IS seriesは、管理者用WebサイトからauのAndroid搭載スマートフォンをリモートで操作し、(1)リモートデータ削除、(2)リモートロック、(3)情報設定・収集--の3つができるようにする。リモートデータ削除は、スマートフォン内に保存されたデータをリモートから削除する機能。リモートロックは、第3者がスマートフォンを操作できないようロック状態にする機能。情報設定・収集は、ブックマークや無線LANなどの設定確認や設定変更をできるようにする機能である。

 利用するには、リモート操作対象のスマートフォンに本サービス用のアプリケーションをダウンロードしてインストールおよび登録する。この登録により、管理者以外がアプリケーションを削除できなくなる。サービス対象のスマートフォンはIS03とIS06。ただしIS03は、2011年春に予定しているAndroid2.2へのバージョンアップ開始まではリモートロック機能には対応せず、それまでの期間は「安心ロックサービス」でカバーする。今後、IS04/IS05にも対応予定。

 試験サービスの利用料は無料。ただし、アプリケーションのダウンロードやサービスの利用にかかるパケット通信料は別途必要。サービスを利用するには、KDDIの営業担当者または「法人お客さまセンター」に申し込む。なおKDDIは2011年春に、機能を追加した商用サービスを提供する予定としている。

[発表資料へ]