PR
写真●Windows Live最新版の画面
写真●Windows Live最新版の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2010年12月8日、個人向けクラウド型サービス「Windows Live」の最新版への移行作業が完了したことを発表した(写真)。今回の移行完了により、国内の全Windows Live Hotmailユーザーがクラウド版Microsoft Office「Microsoft Office Web Apps」をはじめとするWindows Liveの最新機能を利用可能になったとしている。

 Microsoft Office Web Appsは、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの機能をWebブラウザのみを使ってインターネット経由で利用できるクラウド型のOfficeアプリケーション。Hotmailユーザーは、メールの添付ファイルとして受け取ったOffice文書を、Microsoft Office Web Appsを使ってWebブラウザ上で閲覧および編集できる。編集した文書は、同社のストレージサービスであるWindows Live SkyDrive上に保存され、ほかのユーザーと共有することなどが可能となっている。

 マイクロソフトは2010年夏からWindows Liveに含まれる各種サービスの機能強化を段階的に進めてきた。同社によると、Windows Live Hotmailのユーザーは日本に約510万人いるという。