PR

 すべての小中学生がデジタル教科書を持つ環境作りを目指す「デジタル教科書教材協議会」(DiTT: Digital Textbook and Teaching)は2010年12月10日、デジタル教科書教材の普及に向けた「DiTTアクションプラン」をとりまとめたと発表した。海外における取り組みの急速な進展と、低迷する日本の国際競争力などを憂慮する社会的な要請を受けて、デジタル教科書の普及達成を2020年度までとする政府目標を前倒しした「2015年度までの普及」を、民間による目標と定めた。同協議会は、この目標を踏まえた活動指針「DiTTビジョン」を年度内に策定する方針である。

DiTTアクションプランの概要は次の通り。

・2015年度までの三つの目標
 (1)全小中学生に情報端末を配布
 (2)全教科のデジタル教材を開発
 (3)全授業のうち約3割での利用
・ デジタル教育を通じて目指す将来の国家目標
 「創造力」「コミュニケーション力」「学力」の3指標で世界1位を目指す
・ デジタル教科書教材が対象とする市場規模は約4兆円
・2010年度内に第1次、2011年度に第2次標準ガイドラインを策定する
・2010年度内に「DiTTビジョン」を策定する
・2011年度から新しいデジタル教材、アプリケーション、学習環境を開発する
・2011年度から国と連携して学校や課外WSでの実証実験を行う
・これらを踏まえ、制度、予算、標準ガイドラインなどの政策への反映を図る

[発表資料へ]
[DiTTアクションプラン(PDFファイル)]