PR

ペアリングすると標準の日本語入力ソフトに戻される

 TK-FBP013BKをGALAXY Tabとペアリングさせるには、まずキーボードの電源を入れ「CONNECT」ボタンを押す(写真5)。

写真5●ペアリング時には、TK-FBP013BKの背面にある電源をONにし、「CONNECT」ボタンをペン先などで押す
写真5●ペアリングをさせる際には、TK-FBP013BKの背面にある電源をONにし、「CONNECT」ボタンをペン先などで押す
[画像のクリックで拡大表示]

 次にGALAXY Tabで設定メニューを開き、「無線とネットワーク」-「Bluetooth設定」とたどって「BluetoothをOnにする」を選ぶ。続いて「デバイス検索」を選ぶと「TK-FBP013シリーズ」が見つかるので(写真6)、これをタップすると画面に暗証番号が表示される(写真7)。キーボードからこの暗証番号を入力してEnterキーを押すと、ペアリングが完了し、Bluetoothキーボードが利用可能になる。

写真6●GALAXY TabでBluetoothをONにしてデバイス探索を行うとTK-FBP013シリーズが見つかる
写真6●GALAXY TabでBluetoothをONにしてデバイス探索を行うとTK-FBP013シリーズが見つかる
[画像のクリックで拡大表示]
写真7●タップすると画面に暗証番号が表示される。キーボードでこれを入力することでペアリングが完了する
写真7●タップすると画面に暗証番号が表示される。キーボードでこれを入力することでペアリングが完了する
[画像のクリックで拡大表示]

 このとき、「Bluetoothキーボードを利用するには、入力方式をSamsung QWERTYに変更します」とメッセージが表示され(写真8)、日本語入力ソフトとして先ほどのATOKなどを使っていた場合、強制的にSamsung日本語キーボードに変更される。ただし、実際にSamsung日本語キーボードしか使えないわけではなく、指定し直せばほかの日本語入力ソフトも利用できる。

写真8●Bluetoothキーボードとペアリングすると、Samsung日本語キーボードを使うように強制的に設定が変わる。ほかを使いたい場合は自分で設定し直せばよい
写真8●Bluetoothキーボードとペアリングすると、Samsung日本語キーボードを使うように強制的に設定が変わる。ほかを使いたい場合は自分で設定し直せばよい
[画像のクリックで拡大表示]