PR

 トランスコスモスは2010年12月14日、中国・江蘇省蘇州市に新たなBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)拠点を開設したと発表した。同社の中国でのオフショア拠点は7つ目(7社)となる。

 蘇州市に開設したBPO拠点の社名は、大宇宙商業服務(蘇州)。資本金は2億円である。大宇宙商業服務(蘇州)はBPOのほかに、データエントリーやASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスなどを提供する。開設当初はトランスコスモスグループの総務・経理・人事などのバックオフィス業務を手掛け、2011年からは外部の顧客向けサービスの提供を開始する。2013年度には、約500人体制で10億円の売り上げを目指す。

 中国での事業強化では、ほかにも遼寧省大連市のオフショア拠点である大宇宙設計開発(大連)の体制も強化する。同社の人員は現在は約200人だが、これを増強し、2013年度には2倍以上の約500人にする計画である。大宇宙設計開発(大連)は2006年1月に設立され、主にBPOや建築設計データ作成業務などを手掛けている。