PR
写真●イー・モバイルの「Pocket WiFi S」
写真●イー・モバイルの「Pocket WiFi S」
[画像のクリックで拡大表示]

 イー・モバイルは2010年12月14日、OSにAndroid 2.2を採用した携帯電話端末「Pocket WiFi S(S31HW)」を発表した。2011年1月中旬に発売する。端末代金を一括払いした場合の価格は1万9800円。端末を無線LANルーターとして使う「テザリング機能」を備え、ホーム画面のウィジェットをタップするだけでルーター機能の有効/無効を切り替えられる(写真)。

 Pocket WiFi Sは名称の通り、モバイルルーター「Pocket WiFi」の上位機種と位置付ける。通常のスマートフォンのように通話やメール送受信、Web閲覧も可能だが、「日本市場で求められる『スマートフォン』の機能とは少し違うと考えている。モバイルルーターにAndroidという付加価値が付いているという扱い」(阿部基成取締役副社長)とする。販売方法も従来のPocket WiFiと同様で、スマートフォンとして販売する予定はないという。

 端末の仕様は以下の通り。バッテリーの持ち時間は連続待ち受けが240時間、連続データ通信が4時間、連続通話が350分となる。プロセッサには米クアルコムの「MSM7225」を採用。メモリーは256Mバイトを搭載する。ディスプレイは2.8インチのQVGA(240×320ドット)。タッチパネルは静電容量方式だ。製造は中国の華為技術(ファーウエイ・テクノロジーズ)が担当する。

 携帯電話通信機能は1.7GHz帯と2GHz帯のW-CDMA方式(下り7.2Mbps、上り5.8Mbps)とGSM方式に対応。国際ローミングが可能だ。SIMロックフリーで、他の通信事業者のSIMカードを利用できる。ただし、イー・モバイルによる動作保証はない。無線LANはIEEE 802.11 b/g/nに準拠する。モバイルルーターとしての稼働時にはIEEE 802.11 b/gのみが動作する。

 このほか、Android OS標準搭載のメーラーとブラウザ、320万画素の内蔵カメラ、GPS(全地球測位システム)、Bluetooth、Androidマーケットからのアプリダウンロードなどを利用できる。