PR
写真●日本HPの「HP ProLiant DL2000 マルチノード サーバー」。電源などを搭載する「HP ProLiant e2000 シャーシ」(左)とサーバーモジュール「HP ProLiant DL170e G6 サーバー」(右)で構成する
写真●日本HPの「HP ProLiant DL2000 マルチノード サーバー」。電源などを搭載する「HP ProLiant e2000 シャーシ」(左)とサーバーモジュール「HP ProLiant DL170e G6 サーバー」(右)で構成する
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレットパッカード(日本HP)は2010年12月14日、サービスプロバイダをターゲットにしたラックマウント型サーバーの新製品「HP ProLiant DL2000 マルチノード サーバー」(以下、HP ProLiant DL2000)を発売した(写真)。出荷開始は2011年1月中旬を予定している。

 HP ProLiant DL2000は、共用の電源や冷却ファン、ハードディスクドライブ(HDD)を収容するディスクケージ(最大で24台を収容可能)などを備えた2Uサイズの「HP ProLiant e2000 シャーシ」と、シャーシに収容する独立したサーバーモジュールである「HP ProLiant DL170e G6 サーバー」で構成する。

 HP ProLiant DL170e G6 サーバーは、ライザーカード方式のPCI-e Gen2 x16スロットを1基備えた「1Uノード」と、同じくライザーカード方式によりPCIスロットを最大3スロット搭載可能な「2Uノード」の2種類が用意される。いずれも横幅は19インチラックの半分で、高さが1U(1Uは約45mm)あるいは2Uとなっている。体積でいえば1Uノードは0.5Uノード相当、2Uノードは1Uノード相当になる計算だ。2Uシャーシ1台当たりに、2Uノードなら2台、1Uノードなら4台を収容できる。

 HP ProLiant DL2000の目玉となる特徴の一つとして、シャーシ全体の電力消費上限値の設定機能がある。シャーシが搭載するコントローラに上限値を設定しておくと、電力消費が上限値を超えそうになった場合、各ノードのプロセッサのクロックを落とすなどの処理によって自動的に電力消費が抑えられる。

 日本HPによれば、運用時の実際の消費電力を基に上限値を設定(キャッピング)することで、特にサーバーラックに多数のサーバーを収容するようなケースにおいて、消費電力の設定に余裕を持たせ過ぎるような無駄を減らせるメリットがあるとしている。

 価格は、1Uノードを4台搭載した場合の最小構成で99万9600円から。最小構成の場合、各1UノードにはIntel Xeon E5620プロセッサが1基と2Gバイトのメモリー、シャーシには3.5インチのSATA HDDを8台収容可能なディスクケージが装着された状態であるとしている。2Uノードを2台搭載した場合の価格は、最小構成で63万4200円からとなっている。CPU構成などは1Uノードの場合と同様。