PR

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とメディアドゥは2010年12月20日、電子書籍コンテンツの調達およびプライベートブランド(PB)コンテンツの開発に関して業務提携を行うことに合意したと発表した。また両社は業務提携を効果的に進める目的で、CCCによるメディアドゥへの出資についても合意した。

 CCCは既に業務提携している富士山マガジンサービスとの連携などにより、国内最大級の電子書籍・雑誌コンテンツの調達力を目指し商品供給力を強化している。今回のメディアドゥと商品調達分野で提携することで、コンテンツ供給力の拡大を見込んでいる。またメディアドゥは今回の提携により、手掛ける電子書籍コンテンツの販路拡大を見込む。

 さらに両社は、出版社と協力してPBコンテンツの開発を手掛ける方針である。CCCはパッケージコンテンツの分野で、韓国テレビドラマのPBタイトルの調達や、過去の名作の復刻、プライベートブランド商品の開発などを手掛けている。今回の提携では、電子書籍分野で同様にオリジナル商品の開発を行うという。

 メディアドゥは自社開発のデジタルコンテンツ配信システムプラットフォーム「コンテンツアグリケーションシステム(以下CAS)」を軸に、コンテンツ配信サービス事業者向けのサービス展開をしているベンチャー企業である。CASは著作物のデジタルコンテンツ配信において、複雑な権利処理に加えてコンテンツのデジタル化や集計、決済、集客を一元管理できる。NTTドコモが開始した「ドコモマーケットブックストア」や、ソフトバンク モバイルが開始予定の「ソフトバンク ブックストア」における電子書籍配信システムにも採用されているという。

 CCCはフランチャイズ展開する「TSUTAYA」で、年間907億円の書籍/雑誌を販売している。また同社が運営する通販サイト「TSUTAYA online」で、書籍のほかエンターテインメントコンテンツ全般のインターネット通販を手がけている。さらに2010年12月10日には、シャープとの共同出資会社でCCCの子会社となる「TSUTAYA GALAPAGOS」が、メディアタブレット「GALAPAGOS」向けの電子書籍配信サービス「TSUTAYA GALAPAGOS」を開始している。

[発表資料へ]