PR
図●ProtectDB 5.2の概要(日本セーフネットの資料から引用)
図●ProtectDB 5.2の概要(日本セーフネットの資料から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本セーフネットは2010年12月22日、データベース(DB)暗号化ソフトの新版「ProtectDB 5.2」を発売した。DBサーバーにインストールするソフトで、DB暗号化アプライアンス「DataSecure」と組み合わせて利用する()。通常業務を約1分間中断するだけで導入したり、鍵更新したりできる点が特徴だ。

 一般にDBへの暗号化の導入時や暗号鍵の更新時には、アプリケーション・サーバーからのDBアクセスを停止する必要がある。ProtectDB 5.2ではアクセス停止時間が1分程度で済む。従来製品では数十分、数時間単位のアクセス停止が必要で、業務への影響が大きかった。「システムを停止できず、暗号化を見送ったケースもあった」(日本セーフネットの高岡隆佳シニアセキュリティエンジニア)ユーザーへの導入を狙う。

 ProtectDB 5.2がDBアクセスの停止時間を短縮できたのは、DB暗号化とトランザクション処理を同時に実行できる機能を実装したからだ。ProtectDB 5.2では暗号化の実施状況やDBのロックを管理する一覧表を持つ。この一覧表を参照しながら、アクセスされていないレコードを順次暗号化していく。「アプリケーション側のクエリーに手を加える必要はない」(高岡シニアセキュリティエンジニア)。

 対象とするDBはOracleとSQL Server。ProtectDB 5.2の参考価格は1サーバー(物理サーバーまたは仮想マシン)当たり300万円。組み合わせて利用する暗号化アプライアンスのDataSecureの参考価格は250万円から。