PR
写真●アイシン・エイ・ダブリュのiPhone向けカーナビゲーションアプリ「NAVIelite」
写真●アイシン・エイ・ダブリュのiPhone向けカーナビゲーションアプリ「NAVIelite」
[画像のクリックで拡大表示]

 アイシン・エイ・ダブリュは2011年1月17日、iPhone向けカーナビゲーションアプリ「NAVIelite」(ナビエリート)の提供を開始した(写真)。米アップルのアプリケーションマーケット「App Store」でダウンロード販売している。アイシン・エイ・ダブリュの加地孝典プロジェクトチーフエンジニアは、「車載ナビがそっくりそのままiPhoneに入っていると考えていい」と自信を見せた。

 NAVIeliteは、車載カーナビと同様、地図の3次元表示や交差点拡大図、レーン表示、音声案内といった機能を搭載する。目的地の周辺で終わらず、目的地の目の前までナビゲーションする「Door to Door ダイレクトガイド」、目的地を施設名で検索できる「タウンページデータ検索」といった機能も備える。iPhoneの通信機能を利用し、リアルタイムの渋滞情報取得や、2カ月に1回の地図データ更新なども利用できる。

 地図データとナビ機能は、端末側に持たせる。そのため、携帯電話の電波が届かない場所でも継続してナビゲーション可能。利用者の現在位置は、iPhoneのGPS機能を使って計測する。その精度は、「従来の車載カーナビと変わらないレベル」(加地プロジェクトチーフエンジニア)だという。

 価格は3800円で、購入日から1年間の利用が可能。2月16日までは2600円で提供する。対応端末はiOS4.1以降を搭載するiPhone 3GSまたはiPhone 4。今後3年間で30万本の出荷を目指す。

 今後は、Android向けアプリの提供やグローバル対応などを計画しているという。