PR
写真●ラック スマートフォンセキュリティ研究所の加藤智巳氏
写真●ラック スマートフォンセキュリティ研究所の加藤智巳氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ラックは2011年1月20日、「スマートフォンセキュリティ研究所」(SSL:Smartphone Security Laboratory)を開設したと発表した。スマートフォンのセキュリティとスマートフォンを活用したサービスなどに対する脅威を研究し対策を支援。スマートフォンの安全な普及を図る。

 SSLの研究対象は特定のスマートフォンに限定しないが、まずは米グーグルのAndroidのセキュリティを確保することに注力する。同日明らかにしたのは、協業するKDDIの法人向けアプリケーションポータルサイト「Business App NAVI」で1月末から紹介を始めるAndroidアプリケーションの安全性評価である(関連記事)。KDDIが選定したアプリケーションについて、個人情報データベースへのアクセス、端末固有の情報の送信、電話機能の制御、GPS情報の送信、無線LAN機能の制御――などの有無を点検。問題がないと判断されたアプリケーションだけが、Business App NAVIに掲載される。

 SSLの研究員である加藤智巳氏(写真)は20日に開催した説明会で、法人がスマートフォンを利用するには、従来以上に利用目的を明確にし、関連するリスクへの対策をしっかり決めていく必要があると説明。利用に際しての課題として(1)セキュリティ対策により損なわれる利便性、(2)リスクのうちどこから対策を打っていくかというプライオリティ付け、(3)利用者のリテラシー向上の難しさ--の3点を挙げた。

 企業からラックに寄せられるスマートフォンのセキュリティに関連する問い合わせは、既に多いという。今回設立したSSLによるスマートフォンセキュリティに関する研究成果は、今後同社のセキュリティソリューションサービスの向上にも生かしていく。

発表資料へ