PR

 OpenOffice.org日本ユーザー会は2011年2月3日、「特定非営利活動法人(NPO法人) OpenOffice.org日本ユーザー会」を設立し、活動を開始したと発表した。OpenOffice.orgなどオープンソースのオフィスソフト普及を促進するセミナーや出版、ユーザーサポート事業を行う。

 OpenOffice.org日本ユーザー会は2002年に発足。OpenOffice.org日本語版リリースへの協力や、OpenOffice.orgの日本語環境を改善する拡張機能の開発(関連記事)、展示会やカンファレンスで研究発表などの活動を行ってきた。2010年6月30日に「特定非営利活動法人 OpenOffice.org日本ユーザー会」の設立を内閣府に申請し、11月12日に認証が完了した。2010年11月17日に法人登記を行い、このほど活動を開始。理事長には鎌滝雅久氏が就任した。

 同会ではNPO法人の設立目的として「広く一般の人々に対し、OpenOffice.orgをはじめとする、ソースコードをオープンソースとして公開し無償で提供されるオフィスソフトを、主として日本語で利用しようとする場合のユーザー教育・サポート、国内外からの技術に関する情報の収集・提供、開発・利用者のコミュニティの支援などに関する事業を行い、その成果を社会に還元することによって、デジタルデバイドの改善を促し公益の増進に寄与すること」を掲げる。OpenOffice.orgだけでなく、OpenOffice.orgから派生したオープンソースのオフィスソフトも視野に入れている。

 今後の活動として、導入・教育に関する講習・セミナーを展開。解説書などの出版物をインターネット上で公開する。Web上では無償、一括ダウンロードでは有償とする予定。またWeb上の掲示板やメーリングリストなどのコンテンツを通してユーザーをサポートするほか、日本語環境を改善する拡張機能を提供する。

 これらの事業を支援する賛助会員の募集も開始する。会費の一部をオープンソースのオフィスソフトを開発するコミュニティへ寄付することも検討している。

■NPO法人 OpenOffice.org日本ユーザー会 メンバー(2011年2月3日現在)

・役員
理事長 鎌滝雅久氏
副理事長 加藤要介氏
理事 玉越正樹氏
理事 松井幹彦氏
監事 あわしろいくや氏
監事 千葉信義氏

・社員
株式会社アシスト
可知豊氏
佐々木伸幸氏(サンビットシステム 取締役社長)
澤田要氏(特定非営利活動法人オープンソースソフトウェア・シティ 理事長)
宮原徹氏(びぎねっと 代表)

[発表資料(PDF)]