PR

 NECは2011年2月4日、顧客から受託するシステム開発、運用、保守などの業務について内部統制の有効性を証明するために、国際保証業務基準「ISAE3402」および米国保証業務基準「SSAE16」に準拠した内部統制保証報告書を取得する準備を開始したと発表した。

 まず、クラウドサービス事業の中核となる首都圏および関西圏の主力データセンターにおいて、委託企業の希望に応じて同報告書を提出できるようにする。第一弾として、2012年3月からNEC川崎データセンターを利用する顧客企業向けに同報告書の提出を開始する。今後は、首都圏・関西圏以外の国内外のデータセンターでも、順次取得していく計画。

 顧客企業は、自社の財務諸表にかかわる内部統制評価にこれらの報告書を利用することができ、委託しているシステム業務の内部統制に関する経営者評価作業の負荷を大幅に軽減することが可能になる。

 ISAE3402は、2009年12月に国際会計士連盟が定めた国際基準で、サービスベンダーの内部統制の有効性を証明する。また、SSAE16はISAE3402に準拠した米国公認会計士協会の基準である。同社はこれまで、国内上場企業だけが利用できる「監査基準18号報告書」に準拠した内部統制報告書を提出していた。

発表資料へ