PR
図●Windows Server 2008 R2 SP1の新機能「Dynamic Memory」の概要(マイクロソフトのSP1解説ページから引用)
図●Windows Server 2008 R2 SP1の新機能「Dynamic Memory」の概要(マイクロソフトのSP1解説ページから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2011年2月10日、Windows Server 2008 R2およびWindows 7向けの「Service Pack 1 日本語版」(以下、SP1)を2月17日から提供開始することをアナウンスした。

 Windows Server 2008 R2 SP1では、これまでに公開された更新プログラムをまとめて適用できるようになっているほか、新機能として、(1)GPU(Graphics Processing Unit)を仮想化し、複数の仮想マシンに割り当てられる仮想GPU機能「RemoteFX」、(2)仮想マシンに対して動的にメモリーを割り当られるメモリー資源管理機能「Dynamic Memory」()---などを搭載している。

 一方、Windows 7 Service Pack 1は、Windows 7の製品出荷以降に公開されたHotfixやセキュリティ更新プログラムをまとめて適用するためのパッケージという位置付けになっている。一部サーバー側の新機能への対応を除き、単体での新機能の追加や機能強化は含まれていないという。

 Windows Server 2008 R2 SP1およびWindows 7 SP1の提供予定日は、ボリュームライセンス/MSDNサブスクリプション/TechNetサブスクリプションの各ユーザー向けのダウンロード提供が2月17日から、Windows Updateおよびダウンロードセンターでのダウンロード提供が2月23日からとなっている。

 Windows 7 SP1については、物理メディア(DVD)での配布も実施する。2月23日から先行オーダーの受け付けを開始し、3月14日以降に発送する予定としている。価格は1050円。