PR
デジタル書籍版「裏閻魔」にIE9のRC版でアクセスしたところ。墨絵のような動画と音声につづき、タイトルが現れる
デジタル書籍版「裏閻魔」にIE9のRC版でアクセスしたところ。墨絵のような動画と音声につづき、タイトルが現れる
[画像のクリックで拡大表示]
本文を表示したところ。時折、挿絵のページが開く
本文を表示したところ。時折、挿絵のページが開く
[画像のクリックで拡大表示]
挿絵は、新進気鋭の水墨画家、土屋秋恆氏による描き下ろしという
挿絵は、新進気鋭の水墨画家、土屋秋恆氏による描き下ろしという
[画像のクリックで拡大表示]
画面上部にある「つぶやく」の文字をクリックすると、そのとき読んでいた章についてTwitterでつぶやき合える
画面上部にある「つぶやく」の文字をクリックすると、そのとき読んでいた章についてTwitterでつぶやき合える
[画像のクリックで拡大表示]
作品紹介のページ。紙の書籍は3月4日に発売される
作品紹介のページ。紙の書籍は3月4日に発売される
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2011年2月16日、同社の次期Webブラウザー「Internet Explorer 9」(IE9)向けに、第1回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞した中村ふみ氏のファンタジー小説「裏閻魔(うらえんま)」の全編を公開した。同社のポータルサイトMSNのサイト上で無料で閲覧できる。

 IE9は、ユーザーインタフェースの改良、処理の高速化、セキュリティの向上、標準規格への対応などが図られたIEの新バージョン。正式版の一歩前の段階である製品候補版(RC版)が、2月10日(米国時間)に公開されたばかりだ。日本マイクロソフトでは、このIE9が実現するWebの世界をいち早く体験してもらおうと、RC版の公開に合わせて、デジタル書籍版「裏閻魔」を公開した。

 「裏閻魔」は、エイ出版社(エイは木へんに世)や米バーティカルなどが運営するゴールデン・エレファント賞の第1回で、150を超える応募作品の中から大賞に選ばれた作品。3月4日にエイ出版社から発売される。これに先だって、日本マイクロソフトは全編を独自のデジタル書籍として無料公開。IE9が実現する新しい読書体験を提示する。

 具体的には、水墨画家の土屋秋恆氏が描き下ろした“動く挿絵”や、Twitterへのつぶやき機能、異なる機器でアクセスした場合にも同じページで読めるブックマーク機能などを備える。公開は2011年4月15日までとなる。

 なお同社では、IE9が実現するWeb体験を紹介する取り組みとして、インターネット上の書道大会「Internet Explorer 9 杯 オンライン競書大会」も開催中だ(関連記事)。IE9に対応したWebページ上で筆を操作し、書道作品を完成させるもので、2月28日まで作品を受け付け、優秀作品には液晶テレビやディスプレイなどを贈呈する。