PR
図1 HTC社初のタブレット端末「HTC Flyer」。ホーム画面「HTC Sense」で表示するウィジェットは,液晶パネルの大きさに合わせて表示の大きさや表示内容を変更した
図1 HTC社初のタブレット端末「HTC Flyer」。ホーム画面「HTC Sense」で表示するウィジェットは,液晶パネルの大きさに合わせて表示の大きさや表示内容を変更した
[画像のクリックで拡大表示]
図2 HTC Flyerの背面。一体成型のアルミ製筐体を採用した
図2 HTC Flyerの背面。一体成型のアルミ製筐体を採用した
[画像のクリックで拡大表示]
図3 付属のスタイラス・ペンを使ってメモを残す機能「HTC Scrible」を備える。Webページや写真,電子書籍など,HTC Flyerで扱える各種のデータに書き込んだものを記録できる。書き込む線の太さや色は,画面右下のパレットで選択する
図3 付属のスタイラス・ペンを使ってメモを残す機能「HTC Scrible」を備える。Webページや写真,電子書籍など,HTC Flyerで扱える各種のデータに書き込んだものを記録できる。書き込む線の太さや色は,画面右下のパレットで選択する
[画像のクリックで拡大表示]
図4 記録した手書きのメモを一覧表示したところ
図4 記録した手書きのメモを一覧表示したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾HTC Corp.は,同社として初めてのタブレット端末「HTC Flyer」を発表した(英文の発表資料)。ソフトウエア・プラットフォームとしてAndroid 2.3の拡張版を採用し,HTC社独自のホーム画面「HTC Sense」をタブレット向けに再設計した。また,指を使った操作だけでなく,スタイラス・ペンを使って手書きのメモを記録できるようにしている。

 HTC Flyerは,7型で1024×600画素の液晶パネルを備える。外形寸法は195.4mm×122mm×13.2mmで,重さが420gと軽量なことを特徴とする。CPU部の動作周波数は1.5GHzで,32Mバイトのフラッシュ・メモリを内蔵する。microSDメモリーカードのスロットも備える。移動通信方式はHSPA/W-CDMA,GSM/GPRS/EDGEに対応する。

 スタイラス・ペンを使って手書きのメモを残す機能を,HTC社は「HTC Scribe」と呼ぶ。手書きのノートとして利用したり,Webページや写真などに書き込んだりしたものを記録できる。マイクで音声を記録しながらメモを書き込む「Timemark」機能では,後から記録を閲覧してメモの中の単語を選択すると,その単語を書いたときの音声に遷移する。

 HTC Flyerの発売は,2011年第2四半期を予定する。HTC社はHTC Flyerの発売に合わせて,HTC Flyer向けの映像配信サービス「HTC Watch」を提供するほか,米OnLive, Inc.との協業によりクラウド・ベースのゲーム・サービスを提供する。