PR

 日本IBMは2011年2月17日、メインフレーム向けの、XMLの処理を高速化するアプライアンス製品を発表した。「XMLの処理を高速化することで、複数のシステムをメインフレーム1台に統合しやすくする」と薮下真平専務執行役員は説明する。製品名称は「IBM WebSphere DataPower Integration Appliance XI50 for zEnterprise(DataPower XI50z)」。出荷開始は3月18日。

 DataPower XI50zは、XML文書の解釈や妥当性の検証、データ変換、XML文書の暗号化と復号、ESB(エンタープライズ・サービス・バス)などの機能を持つ。ESBの機能とは、XML文書の内容からメッセージの送付先を特定する「コンテンツ・ベース・ルーティング」機能やプロトコル変換機能などのことである。

 形状はブレードサーバー型で、同社のメインフレーム「IBM zEnterprise 196(z196)」の拡張ユニット「IBM zEnterprise BladeCenter Extension」に格納して動作させる。z196のハードウエア管理ソフト「IBM zEnterprise Unified Resource Manager」で稼働状況を監視できる。DataPower XI50z単体での価格は非公開。z196の最小構成と含めた価格は1億5000万円から。