PR
2月26日から発売することが決まった「Let's note S10 CF-S10A」
2月26日から発売することが決まった「Let's note S10 CF-S10A」
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2011年2月18日、パソコン春モデルを2月26日に店頭で発売すると発表した。同社は1月27日に新しいCPUである第2世代Core iシリーズを搭載したパソコンを発表していたが、インテル製チップセットに不具合が見つかったことを受けて、発売日が未定となっていた。

 2月26日に店頭で発売するのは、12.1型液晶を搭載し光学ドライブを内蔵する「Let's note S10 CF-S10A」と、同じく12.1型液晶で光学ドライブを省いた「同N10 CF-N10A」の2機種。当初、2月20日に発売する予定だった。同社のWeb直販である「マイレッツ倶楽部モデル」については、いずれも当初から2月26日発売予定で、変更はない。また、15.6型液晶搭載の「同B10 CF-B10A」については、当初の予定通り3月11日から発売する。

 米インテルは1月31日に、新型チップセット「Intel 6」シリーズに設計上の不具合があり「Serial ATA(SATA)」ポートを構成する回路の一部が時間の経過と共に劣化する可能性があると公表していた。具体的には、「0」~「5」番の6つあるポートのうち、SATA 2.0に対応した「2」~「5」番ポートに接続したハードディスクや光学ドライブの性能や機能に影響を与える恐れがある。パナソニックの製品は、SATA 3.0に対応した「0」および「1」番のポートしか利用していないため、「チップセットを交換しなくても製品の機能および性能に全く影響がない」(パナソニック AVCネットワークス社 ITプロダクツビジネスユニット)ことを確認した上で発売を決めた。この確認作業などで製造ラインを止めたため発売時期が予定より6日遅れた。なお、不具合を解消した新しいチップセットが登場したら、順次そちらに切り替えていく方針としている。