PR

 NTTドコモは2011年2月24日、Androidスマートフォン3機種を、この3月中に発売すると発表した(関連記事)。(1) 最薄部7.7mm、重量105gと薄く軽く、日本仕様を搭載した「MEDIAS N-04C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)、(2) Android 2.3を搭載し下り14Mbpsの通信速度に対応した「Xperia arc SO-01C」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)、(3)タブレット向けOSであるAndroid 3.0を日本発売の端末として初めて採用した「Optimus Pad L-06C」(韓国LG Electronics製)である。

写真1●NTTドコモの新モデル発表会から。写真左から、NTTドコモ山田隆持社長(手にしているのは「Optimus Pad」)、CMに出演している女優の朝倉あきさん(手にしているのは「Xperia arc」)、石野真子さん(手にしているのは「MEDIAS」)
写真1●NTTドコモの新モデル発表会から
写真左から、NTTドコモ山田隆持社長(手にしているのは「Optimus Pad」)、CMに出演している女優の朝倉あきさん(手にしているのは「Xperia arc」)、石野真子さん(手にしているのは「MEDIAS」)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「MEDIAS」、「Xperia arc」は、ともに軽く薄く、しかもディスプレイが大きい。「MEDIAS」はおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線といった日本仕様を搭載する。「Xperia arc」は国内初となるAndroid 2.3搭載スマートフォンとなる。

 「Optimus Pad」は、日本国内で最初に発表されたAndroid 3.0搭載タブレットである。デュアルコアの新世代プロセッサTegra2、広視野角のIPS液晶ディスプレイを搭載している。

 以下、各機種について見ていく。

薄く軽く、日本仕様搭載のMEDIAS

 「MEDIAS N-04C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)は、最薄部7.7mm、重量105gと薄く軽く、FeliCa、ワンセグ、赤外線通信と日本仕様を搭載したスマートフォンである。外形寸法は127×62×7.7mm(最厚部約8.7mm)。ディスプレイは4.0インチ、解像度はFWVGA(854×480画素)。大きめのディスプレイを搭載するにもかかわらず、国内スマートフォンとして最軽量を実現している。

写真2●「MEDIAS」の正面
写真2●「MEDIAS」の正面
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラには500万画素CMOSセンサーを搭載する。

写真3●「MEDIAS」の背面。カメラ周辺部が最も厚い
写真3●「MEDIAS」の背面。カメラ周辺部が最も厚い
[画像のクリックで拡大表示]

 手に取ると、拍子抜けするほど軽い。ディスプレイ部には「Corning Gorillaガラス」を採用、また外装の一部に金属を使い強度を確保したという。今後は、防水モデルの開発も予定している。

写真4●「MEDIAS」の側面。金属の構造材が見える
写真4●「MEDIAS」の側面。金属の構造材が見える
[画像のクリックで拡大表示]

 搭載OSはAndroid 2.2である。2011年夏のアップデートでAndroid 2.3への対応を予定する。mixi、Twitter、Facebookと連携するソーシャル機能を搭載した電話帳アプリ、おサイフケータイ対応の電子マネー「iD」設定アプリなどを搭載する。