PR
写真1●「CACHATTO for au」の利用イメージ(資料提供:いいじゃんネット)
写真1●「CACHATTO for au」の利用イメージ(資料提供:いいじゃんネット)
[画像のクリックで拡大表示]
図1●「「CACHATTO」のシステム構成(資料提供:いいじゃんネット)
図1●「「CACHATTO」のシステム構成(資料提供:いいじゃんネット)
[画像のクリックで拡大表示]

 いいじゃんネットは2011年2月24日、法人向けリモート・アクセスサービス「CACHATTO for au」(写真1)の提供を開始した。auの携帯電話/Android搭載スマートフォンから、社内のメールサーバーやグループウエアにセキュアにアクセスする。月額利用料はサーバー1台当たり1万円、1ユーザー当たり500円、初期費用45万円から(いずれも税別)。

 CACHATTOは、社外のモバイル端末やパソコンから、社内のLotus Notes/Domino、Microsoft Exchange Server、サイボウズ Office、desknet'sなどを安全に利用するためのサービス。社外からのアクセスに対して認証やポーリング通信を行うサービス「CACHATTOネットワークサービス」と、社内ネットワークに設置してCACHATTOネットワークサービスと社内のメールサーバー/グループウエアサーバーを連携させる専用アプライアンス「CACHATTOサーバー」で構成される。

 HTTP/HTTPS経路にCACHATTOネットワークサービスを利用することで、企業のファイアウォール強度を下げたり、サーバーをインターネット上に公開したりすることなく、リモートアクセスが可能になる(図1)。また、CACHATTOネットワークサービス内の通信をSSL暗号化することもできる。

 今回発表したCACHATTO for auは、IS03、IS04、IS06などのAndroid搭載auスマートフォンや、各種au携帯電話に対応する。同社は、これまでにソフトバンク端末向けの「CACHATTO for SoftBank」、NTTドコモ端末向けの「CACHATTO docomo Edition」を提供しており、今回のリリースで3キャリアのすべてに対応した。