写真1●大賞に輝いた「jigtwi」を開発したjig.jpのスタッフと、審査委員長のNTTドコモ 執行役員 コンシューマサービス部長 阿佐美弘恭氏(右)[撮影:菊池くらげ]
写真1●大賞に輝いた「jigtwi」を開発したjig.jpのスタッフと、審査委員長のNTTドコモ 執行役員 コンシューマサービス部長 阿佐美弘恭氏(右)[撮影:菊池くらげ]
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「iアプリ・アドバンスアワード 2010」最終ノミネート作品の作者と審査員[撮影:菊池くらげ]
写真2●「iアプリ・アドバンスアワード 2010」最終ノミネート作品の作者と審査員[撮影:菊池くらげ]
[画像のクリックで拡大表示]

 日経BP社は2011年2月28日、iアプリの開発コンテスト「iアプリ・アドバンスアワード 2010」の表彰式を開催した。大賞はjig.jpが開発した「jigtwi」に決定した。軽快な動作が特徴のTwitterクライアントで、フルブラウザ機能を内蔵するなどTwitterを携帯電話で快適に使うための機能を豊富に用意している点が高く評価された。

 優秀賞は「iTiltRenz」(開発者:千)、「全力案内!ナビ+」(ユビークリンク)、「プリチュー 囚われネズミの脱走」(Hanapeso)の3作品となった。技術的に優れた作品に贈るテクノロジー賞は「ムービーパズル」(開発者:KID.A)、新機軸の実用アプリに贈るライフハック賞は「モビカル」(開発者:プラスワン)、“楽しさ”重視のエンターテインメント賞は「ピクモグさん」(そぼろ)が受賞した。個人開発者を対象にしたアドバンストハッカー賞には「iPhotoEditor」(noadroid)が選ばれた。

 iアプリ・アドバンスアワードはソフトウエア開発者のすそ野拡大とモバイル市場の活性化を目的に、日経BP ITproが主催しているコンテストだ。NTTドコモが特別協賛している。2011年1月10日の応募締切までに263作品のエントリー登録があった。

 最終ノミネートには20作品が選出(iアプリ・アドバンスアワード 2010ノミネート作品一覧)。審査員はNTTドコモ執行役員コンシューマサービス部長の阿佐美弘恭氏、みずほキャピタルIT投資部シニアインベストメントマネジャーの横田秀和氏、ジャーナリストの神尾寿氏、日経BP社電子・機械局長の林哲史が務めた。エンターテインメント賞は特別審査員のアイドリング!!!(3号 遠藤舞さん、6号外岡 えりかさん、9号 横山ルリカさん、19号 橘ゆりかさん)が審査した。

 表彰式の模様は、Ustream.tvでインターネット中継を行った。中継の録画はUstream.tvのiアプリ・アドバンスアワード チャンネルで視聴できる。

表●iアプリ・アドバンスアワード 2010の受賞作品
 作品名作者概要
大賞jigtwi(Star版)jig.jpTwitterクライアント。TL(タイムライン)の閲覧やツイートなどの基本機能から、マルチアカウントやGPS連携などの便利機能まで、専用アプリならではのUIデザインや高速スクロールで利用することができます。
優秀賞iTiltRenzぼかしや彩度、明度、コントラストはもちろん、ケラレ効果等々まで実装した本格カメラアプリ。Twitterにもアプリから一発投稿できます。
全力案内!
ナビ+
ユビークリンク車・徒歩のナビゲーションサービスです。乗換案内もついています。独自の渋滞情報UTIS(プローブ交通情報)を使った渋滞回避のナビゲーションが特徴です。
プリチュー 囚われネズミの脱走Hanapesoネコにつかまり、ビンに入れられたハツカネズミのクコ、シマリスのテト、ハムスターのバックス、トビネズミのチルと一緒に、ビンを転がして移動しながら部屋にある数々の障害物を乗り越えて、脱走を試みる立体アクションパズルゲーム。
テクノロジー賞ムービーパズルKID.A「絵がアニメーションするパズル」バラバラのピースをスライドすることで絵を完成させるパズルゲームです。パズルの各ピースがアニメーションします。撮影した動画をパズルの絵にできる機能を搭載しています。
ライフハック賞モビカルプラスワンパソコンで利用しているGoogleカレンダーなどのスケジュールを携帯電話で閲覧・編集可能とするアプリです。パソコン向けスケジューラ以外にも、Twitterへ予定を記録するTwitterスケジューラ機能も搭載しています。
エンターテインメント賞ピクモグさんそぼろ携帯に住み着く『ピクモグさん』にその場で撮った撮影画像に似合った言葉を付けてもらえるアプリです。付加される言葉は400種類以上。言葉が付加した合成画像は携帯内に保存可能です。
アドバンストハッカー賞iPhotoEditornaodroid端末に保存されている画像を加工することができるアプリです。切り抜きや拡大縮小、回転、文字入れなどの加工はもちろん、色調補正/ぼかし/ノイズ除去/油絵風/などのエフェクトをかけることができます。