PR
写真●HTC Mergeの外観
写真●HTC Mergeの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾HTCは米国時間2011年2月25日、スライド式QWERTYキーボードを備えたスマートフォン「HTC Merge」を発表した。米Googleのモバイルプラットフォーム「Android 2.2」とHTC独自のユーザーインタフェース「HTC Sense」を採用しており、今春、複数の北米キャリアを通じて発売する。

 Mergeは、3.5インチのタッチ式スクリーン、500万画素のデジタルカメラを搭載する(写真)。CDMAネットワークに対応し、第3世代(3G)国際ローミングをサポートする。米Microsoftのデータ同期技術「Exchange ActiveSync」に対応するほか、写真共有サイト「Flickr」やSNSサイト「Facebook」「Twitter」などの更新情報をまとめて確認できる「HTC FriendStream」機能、GPS(Global Positioning System)機能、Wi-Fi接続機能、720pビデオ撮影機能などを備える。

 米メディアの報道(PCMag.com)によると、HTC Mergeは米Verizonなどが採用すると見られている。現時点では、次世代通信サービスLTE(Long Term Evolution)への対応については触れられていない。

[発表資料へ]