PR

 米AT&Tは米国時間2011年2月28日、米Placecastと提携を結び、位置ベースのモバイル広告サービス「ShopAlerts by AT&T」を提供すると発表した。店舗やイベント会場の近くに来た携帯電話ユーザーに、特典情報などを配信する。

 ShopAlerts by AT&Tでは、Placecastの位置情報プラットフォームと専門知識を、AT&Tが持つユーザー基盤、国内広告主との強固な関係、Webおよびモバイルメディア資産と組み合わせる。飲食店やイベント開催場所などの一定区域内に入ったユーザーに対して、関連する割り引き情報やクーポンなどを携帯電話に配信する。

 同サービスは、事前にユーザーの許可を必要とするオプトイン方式を採用し、ニューヨーク、ロサンジェルス、シカゴ、サンフランシスコでAT&Tユーザーを対象に展開する。広告メッセージには、天気予報、交通情報、ショッピング情報なども盛り込む。

 AT&Tによると、米Hewlett-Packard(HP)、米Kmart、米JetBlue Airwaysなどがマーケティングキャンペーンに同サービスを導入する計画という。

[発表資料へ]