PR

 北陸朝日放送は2011年3月1日、開局20周年事業の内容を発表した。2011年4月から2012年3月までを開局20周年期間と位置付け、新番組の放送や開局20周年イベントの開催を行う。

 2011年4月2日から生放送の情報バラエティー番組である「土曜はドキドキ」を放送する。2011年秋には、石川県金沢市のオーケストラ楽団「オーケストラ・アンサンブル金沢」の音楽監督が音楽の魅力を語る番組「OEK・カンタービレ(仮称)」の放送を開始する。

 開局20周年イベントとしては2011年8月から、登山家の野口健氏と一緒に親子で環境保全活動を体験できるイベントや、ラーメンを中心にしたフードエンターテインメントのイベントなどの順次開催を予定する。

 なお北陸朝日放送は2011年4月から、「ホクリクをアカルク。」をキャッチコピーにする。「ニュース・スポーツ・エンタメなどの番組やイベントを通じ、地元北陸を元気にしていくという決意を込めたメッセージ」という。同社の開局は1991年10月1日で、2011年10月1日に20周年を迎える。