PR

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とウイングアーク テクノロジーズは2011年3月8日、帳票の印刷分野で協業し、ウイングアークの帳票ソフトとキヤノン製の複合機を連携させるソフトの提供を開始すると発表した。ソフトの名称は「RDE連携プリント for imageRUNNER ADVANCE」。キヤノン製複合機「imageRUNNER ADVANCE(iR-ADV)」上で動作する。

 RDE連携プリントfor iR-ADVは、ウイングアークの帳票サーバーソフト「Report Director Enterprise(RDE)」と共に利用する。RDE連携プリントfor iR-ADVを使うと、iR-ADVで帳票の印刷が完了したことを、RDEが正確に把握できるようになる。RDE連携プリントfor iR-ADVは、ハードウエアの情報を取得しているので、完全に印刷物が排紙された時点でRDEに印刷の完了を通知する。印刷途中で紙詰まりが起きて正常に排紙できなかった場合はエラーと認識し、完了通知は出さない。

 「従来は、サーバーから印刷開始のジョブが送信された時点で“印刷完了”と見なしていた。このため、複合機側のエラーで実際には印刷されていなかったとしても、サーバー側では把握しづらかった」(キヤノンMJの遠藤秀和PPS企画本部プロダクション企画部基幹プリンティング推進課長)。

 このほかRDE連携プリント for iR-ADVは、RDEとiR-ADV間の通信を暗号化したり、圧縮化する機能を持つ。キヤノンMJは、作業指示書を毎日受信する工場や物流センターを持つ、製造業や流通業などに売り込んでいく。RDE連携プリントfor iR-ADVの価格はiR-ADV1台当たり7万8000円。出荷開始は5月上旬。