PR
写真●VMware vCenter Operationsのダッシュボード
写真●VMware vCenter Operationsのダッシュボード
[画像のクリックで拡大表示]

 ヴイエムウェアは2011年3月9日、仮想化インフラの分析/運用ツール「VMware vCenter Operations(VC Ops)」を発表した。仮想マシンやネットワーク、ストレージのパフォーマンスデータを収集し、一元的にGUIに表示する。データの分析機能を備え、システム異常に対してアラートを発行したり、キャパシティ計画を提示したりすることが可能だ。

 VC Opsは、同社の仮想化環境管理ツール「VMware vCenter Server」のアドオンソフト。仮想マシンのレベルで、パフォーマンスおよびキャパシティ、構成の管理機能を提供する。製品には「Standard」「Advanced」「Enterprise」の三つのエディションがある。

 Standard版は、パフォーマンス管理機能を備え、仮想マシンのCPUやメモリー、ネットワークやI/Oの使用量を収集し、関連付けてGUIに表示する。ワークロードやキャパシティを自動分析しスコアとして提示することが可能だ(写真)。「分析エンジンを備えていることがポイント。分析結果からシステムのノーマルな状態を把握しておき、そこから逸脱した場合にアラートを上げることもできる」(ストラテジックアライアンス テクニカルアライアンスマネージャの名倉丈雄氏)。分析エンジンは、昨年米ヴイエムウェアが買収した米インテグリアンの製品を組み込んでいる。

 Advanced版は、Standard版の機能に、キャパシティ管理ツール「VMware vCenter CapacityIQ」を加えた製品。「パフォーマンスとキャパシティを連携させて管理することで、パフォーマンスの問題を発見した際に、アプリケーションのチューニングが必要なのか、サーバー増強が必要なのかといったことも示唆できる」(名倉氏)。

 Enterprise版では、Advanced版に構成管理ツール「VMware vCenter Configuration Manager」が加わる。これにより、仮想マシンをプロビジョニングする。またEnterprise版では、Microsoft System Centerといった他社製管理ツールとの連携が可能だ。

 製品の出荷時期は、Standard版およびAdvanced版が2011年の第1四半期中、Enterprise版は2011年後半を予定する。価格は、Standard版が提供する機能が1仮想マシン当たり6250円(市場予想価格)。vCenter ServerやCapacityIQ、Configuration Managerのライセンスは別途必要になる。