PR

 米VMwareは現地時間2011年3月9日、Windowsベースの仮想デスクトップ環境を米Appleのタブレット端末「iPad」で利用するためのクライアントアプリケーション「VMware View Client for iPad」をリリースしたと発表した。Appleのモバイルアプリケーション配信/販売サービス「App Store」で無償配布している。

 同社のデスクトップ仮想化ソフトの最新版「VMware View 4.6」に対応したアプリケーションで、iPadから無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話の第3世代(3G)通信を介してVMware Viewの仮想デスクトップに接続できる(関連記事:[VMworld 2010]三菱東京UFJ銀行が「デスクトップ仮想化」事例を講演)。

 VMware Viewに実装されている画面転送プロトコル「PC over IP(PCoIP)」をサポートし、応答性の速さが特徴としている。またApple製の「iPad Keyboard Dock」やBluetoothキーボードにも対応しており、物理的なキーボードやタッチスクリーンインタフェースを組み合わせて効率よく入力できるとしている。このほかiPad用のVGAアダプターにも対応しており、外部ディスプレイやプロジェクターと接続できる。

 VMware View Client for iPadの対応OSは「iOS 4.2」および、Appleが同日リリースした「iOS 4.3」。

[発表資料へ]