PR
LinkedIn Todayの画面例
LinkedIn Todayの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米LinkedInは米国時間2011年3月10日、同社のビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイト「LinkedIn」においてニュース専門サイト「LinkedIn Today」をベータ公開した。各ユーザーに関連性の高いニュース速報や記事を収集して配信する。

 LinkedIn Todayは、ユーザーが属する業界やネットワークに基づいて、カスタムなコンテンツを表示する。業界のトップニュース、コネクション(つながりのあるユーザー)が最も読んでいる記事、グループ内で共通の関心事などの情報を入手できる。複数の業界で最も話題になっている記事タイトルをひと目で確認することも可能。

 ユーザーは、特に重視したい業界あるいはニュースソースを指定して、コンテンツをよりカスタマイズできる。「インターネット」「コンピュータソフトウエア」「金融サービス」など22の業界と、「forbes.com」「ft.com」「online.wsj.com」を含む多数のニュースソースから選べる。

 また、ユーザーはLinkedIn Todayの記事をLinkedInのグループに投稿したり、コネクションに電子メール送信したりするほか、ミニブログサービス「Twitter」にも手軽に投稿して紹介することができる。

 LinkedIn Todayはモバイルにも対応しており、同日公開したiPhone向けLinkedInアプリケーションの新版から利用可能。

[発表資料へ]