PR

 アシーマは2011年3月14日、東日本大震災の被害に遭った外国人向けに、24時間のホットラインと通訳サービスの無償提供を始めた。SkypeおよびMSNメッセンジャーの音声通話とチャット機能を利用して、24時間体制で必要な情報を提供するという。

 具体的には、外国人被災者が必要とする避難場所や食料配給場所、医療現場、安否情報などの最新情報を英語で提供し、また外国人が役所や避難先職員、被災地の人とやりとりする際の通訳を行う。

 利用方法は、スカイプまたはMSNメッセンジャーにログインし、Skypeの場合は「acimacorporation」にコンタクト追加リクエストを送る。MSNメッセンジャーの場合は「acima@hotmail.co.jp」を追加すればよい。

 アカウントを持っていない人向けに、被災者ログイン用アカウントも用意している。スカイプの場合はスカイプIDが「acima_guest」、パスワードが「acima123」でログインできる。MSNメッセンジャーの場合は、IDが「acima_guest@hotmail.co.jp」でパスワードが「acima123」となっている。くれぐれもいたずらや冷やかし目的で利用しないでほしい。

 現状では対象言語は英語のみとなっているが、同社では多言語対応運営に協力できるボランティアを募集している。告知ページ「http://acimacorporation.com/hotline.html」に表示されているメールアドレスまで連絡してほしいとのことだ。