PR

 みずほ銀行は2011年3月18日、システムトラブルの影響が拡大し、18日に入金予定だった62万件(1256億円)の給与振り込みができていないことや、ATMで振り込み手続きができなくなっていることなどを発表した。営業店のオンラインシステムやATMは9時現在、振り込みを除いて正常に稼働している。

 みずほ銀行のシステムトラブルは、15日午前5時までに終了すべき夜間バッチ処理が終わらなかったことに端を発し、4日間連続で発生している。17日夜までに50万件(6500億円)の振り込み処理が未完了になっているほか、18日に入金予定の62万件の給与振り込みもできなかった。本来であれば、20日付の給与振り込みなどが、18日までに入金されているはずであった。

 またみずほ銀行は、コンビニエンスストアなど店舗外のすべてのATMについては取引を休止している。この休止は、三連休最終日の3月21日まで続く。店舗内のATMも、三連休中は営業を休止する。インターネットバンキングサービスの「みずほダイレクト」も、現在取引を停止しており、みずほダイレクトの休止も21日まで続く予定。