PR

 みずほ銀行は2011年3月18日午前、15日から続いているシステムトラブルに関して記者会見を行い、トラブルの発端となった15日付38万件の振り込み処理が未だに完了していないことや、この処理が完了しない限り、システムの全面復旧が困難であることを明らかにした。また62万件の給与振り込みができていない件に関して、他行利用者にも救済措置をとる。

 みずほ銀行のシステムトラブルは、14日に東京都内特定支店の特定口座に、大量の振り込み処理があったことが発端となって発生した。その結果15日以降、夜間バッチ処理で完了すべき振り込み処理が、「ほとんどすべて、処理できていない」(みずほ銀行の西堀利頭取)という状況になった。

 処理できていないバッチ処理の件数は、15日午前5時までの分が38万件、16日午前5時までの分が6万件、17日午前5時までの分が6万件の合計50万件だ。さらに18日午前5時までに処理すべき給与振り込み処理62万件も未完了になった。未完了の振り込み処理の合計は112万件に及んでいる。

 18日午前に記者会見したみずほ銀行の西堀頭取によれば、同行のオンラインシステム、バッチ処理システムとも、まずは15日午前5時までに完了できなかった38万件の振り込みを処理できなければ、復旧は難しいという。しかもこの38万件のバッチ処理は現状、オンラインシステムが稼働している平日昼間(午前8時から午後3時30分まで)でなければ処理できない。18日夕方までに、38万件の振り込みが処理できなかった場合、別の対策が必要となる。しかし、その具体策はまだ明らかにしていない。

 同行では19日から21日までの三連休の間に、オンラインシステムの利用を制限して、未完了となっている112万件のバッチ処理を完了させることに全力を投じる。そのため、18日午後7時以降、全てのATMやインターネットバンキングなどを停止する。預金を引き出せなくなった利用者に対応するため、19日~21日までは午前9時から午後5時まで店舗を開き、1人当たり10万円までの支払いを行う「特別支払い対応」をとる。

 みずほ銀行のシステムトラブルによる給与の未振り込みは、(1)利用者がみずほ銀行に口座を持っていて給与が振り込まれる場合、(2)利用者の勤務先がみずほ銀行から給与を振り込んでいる場合――のいずれの場合でも発生している。

 みずほ銀行の西堀頭取は、「他行の口座を持っていて、給与が振り込まれなかったという利用者に対しても、1人当たり10万円までの支払いを行う『受取所』を設ける」と述べている。この場合、利用者は勤務先や部署、電話番号のほか、自分が利用する銀行のキャッシュカードを、みずほ銀行の店頭で提示する必要があるという。