PR

 デルは2011年3月25日、東日本大震災の復興支援として100台のノートパソコン(PC)および長時間バッテリーを寄贈すると発表した。また地震、津波で被災した保証期間内のサーバー、ストレージ、ネットワーク製品を部品代も含め無償で修理する。

 ノートPCは、NetHopeを通じ寄贈する。NetHopeは災害を支援する団体にITを提供するNGO(非政府組織)の共同体で、ノートPCは現地で避難所の運営や食事の提供などを行っている団体に提供される予定。またデルでは自治体などにサーバーやPCなどの物資の支援を行う準備も進めているという。

 サーバー、ストレージ、ネットワーク製品の無償修理を提供するのは、災害救助法適用地域で今回の地震、津波によってデル製品に故障が生じた顧客。サーバー、ストレージ、ネットワーク製品以外のデル製品は、部品代金を半額とする。申し込みは災害地域の顧客専用ダイヤル(0120-912-653、平日9:00-17:30)またはデルのテクニカルサポートで2011年6月30日まで受け付ける。