PR
メインストリーム向けSSDの新製品「Intel SSD 320 Series」
メインストリーム向けSSDの新製品「Intel SSD 320 Series」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intelは米国時間2011年3月28日、メインストリーム向けSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の新製品「Intel SSD 320 Series」を発表した。現行のSerial ATA(SATA)対応の2.5インチSSD「X25-M」の後継となるもので、価格をX25-Mより最大30%安く設定した。

 320 Seriesは、保存容量40G/80G/120G/160Gバイトのモデルに加え、さらに大容量の300G/600Gバイトのモデルをそろえる。25nm製造プロセス技術を用いたNAND型フラッシュメモリーを採用し、対応インタフェースは通信速度3GbpsのSATA II。

 データセキュリティ機能や電力管理機能を強化し、新たなデータ冗長化機能を追加した。デスクトップやノートパソコンのほか、データセンターのストレージとしての使用を想定する。

 ランダムアクセス性能はリードで最大3万9500IOPS、ライトで最大2万3000IOPS、シーケンシャルリードは最大270Mバイト/秒、シーケンシャルライトは最大220Mバイト/秒。

 1000個ロット時の単価は、40Gバイトモデルが89ドル、80Gバイトが159ドル、120Gバイトが209ドル、160Gバイトが289ドル。300Gバイトと600Gバイトモデルはそれぞれ529ドル、1069ドルとなっている。

[発表資料へ]