PR

 米eBayは米国時間2011年3月28日、電子商取引のインフラサービスを手がける米GSI Commerceを約24億ドルで買収することで合意したと発表した。eBayのネットオークションに、オンライン決済のPayPal、GSI Commerceのサービスを組み合わせ、ネット小売り事業を強化するのが狙い。

 GSI Commerceはペンシルベニア州キングオブプルシアに本社を置く企業で、設立は1999年。当初はスポーツ用品の小売り向け電子商取引サービスを提供していたが2001年より事業を拡大し、今では、米Toys“R”Us、ドイツadidas、米National Football League(NFL)など約180の顧客にサービスを提供している。

 米Wall Street Journalによると、今回の買収は、2005年のルクセンブルクSkype Technologiesの買収金額、約26億ドルに次ぐ規模で、2008年にJohn Donahoe氏がeBayの最高経営責任者(CEO)に就任して以来最大となる。同紙は、米Amazon.comのようなネット通販の普及にともなって、消費者はより簡便な買い物を好むようになり、eBayは戦略の変更を余儀なくされていると報じている。

 買収手続きは2011年の第3四半期に完了する見込み。GSI Commerce事業との相乗効果により、eBayの2013年における売上高は従来予測の130億~150億ドルから141億~163億ドルに拡大するとeBayは予測している。

[発表資料へ]