PR

 広島市に本社を置くエネルギア・コミュニケーションズは2011年3月29日、同社が提供している光インターネットサービス「MEGA EGG」を利用しているユーザーを対象に、WiMAXと3G(第3世代移動体通信)サービスを組み合わせた「WiMAXサービス(3Gハイブリッドシンプルコース)」の提供を開始すると発表した。提供開始は2011年4月1日である。

 利用料金は基本使用料と1パケット当たり0.042円のパケット通信料の合計となり、月額980~最大5750円とする。また「au.NET」プロバイダー利用料月額525円が別途必要になる。

 同社はUQコミュニケーションズのMVNO(仮想移動体通信事業者)としてWiMAXサービスを、KDDIのMVNOとして3Gサービスを提供する。利用者は専用のUSB型データ通信端末「DATA01」を使う。WiMAXと3Gサービスは、通信端末が電波状況を確認して自動で切り替える。2011年4月1日~5月31日に契約した場合、DATA01を無償で提供するキャンペーンを実施する。

[発表資料へ]