PR
写真1●アプリ内課金対応アプリの例
写真1●アプリ内課金対応アプリの例
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●アプリ内課金のアーキテクチャ
写真2●アプリ内課金のアーキテクチャ
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは2011年3月29日(現地時間)、Android Marketでアプリケーション内課金を開始したことを明らかにした。無料試用版からのライセンス購入や、上位版への有償アップグレード、仮想アイテム販売といった課金モデルが可能になる。

 すでにDisney Mobileの「Tap Tap Revenge」、ComiXologyの「Comics」、Glu Mobileの「Gun Bros」「Deer Hunter Challenge HD」「WSOP3」、Trendy Entertainmentの「Dungeon Defenders:FW Deluxe」といった対応アプリがAndroid Marketに登録されている(写真1)。

 Googleでは開発者向けに、アプリ内課金を利用するための概要ドキュメント写真2)、サンプルアプリケーション実装方法管理方法テスト方法セキュリティガイドラインを公開している。

[Android Developers Blogへの投稿]