PR
写真●ウエストサイドのデータ暗号化ソフト「Qes -クエス-」(パッケージ写真)
写真●ウエストサイドのデータ暗号化ソフト「Qes -クエス-」(パッケージ写真)
[画像のクリックで拡大表示]

 ウエストサイドは2011年4月6日、情報漏えい対策目的で使えるWindows用のデータ暗号化ソフト「Qes -クエス-」(写真)を発売した。価格は3129円で、4月29日から販売を始める。対応OSは日本語版のWindows XP/Vista/7で、64ビット版OSでも動作する。

 スパイ映画や漫画に登場する機密ファイルのように、「質問に正解しないと復号できない」タイプの暗号ファイルを作成できる。質問は5択クイズ形式になっており、正解しない限りデータを復号できない。質問は最大100問まで登録でき、実行するたびにランダムに出題するように設定できる。

 回答を受け付ける制限時間を設定したり、データの復号に挑戦できる有効期間を設定したりする機能も搭載する。復号したファイルを削除した後にデータ復元ツールなどを使われるのを防ぐため、テキストと画像データに関しては、ファイルとして出力せずに内蔵のビューアでのみ表示させることも可能となっている。

 なお、暗号ファイルは実行ファイル形式になっており、Qesがなくてもファイル単体で復号できる。遠隔の相手にデータを渡したいときには、メールなどで暗号ファイルだけを送信すればよい。