PR
地図上で「お迎え先」や「お送り先」を指定すると料金の概算が出る
地図上で「お迎え先」や「お送り先」を指定すると料金の概算が出る
[画像のクリックで拡大表示]
自宅や会社などタクシーを乗降する場所を登録しておく「お気に入り」機能
自宅や会社などタクシーを乗降する場所を登録しておく「お気に入り」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 日本交通は2011年4月14日、iPhoneやAndroid端末を使ってタクシーを呼べるアプリ「日本交通タクシー配車」の新バージョンを発表した。「お送り先指定」という機能を備えたことで、口頭で行き先を伝えることなく目的地まで乗車できるようになったほか、「料金検索」で料金の概算を調べられるようになった。アプリの料金は無料。

 端末のGPS機能を使い、ユーザーの周辺で空車となっているタクシーを呼ぶことができる。新バージョンでは、タクシーを呼ぶ際にアプリ上で送り先を指定できるようになった。タクシー内のナビに目的地を自動登録する仕組みとなっているので、深夜に乗車して眠ってしまったといった場合でも、スムーズに目的地まで送り届けてくれる。事前に料金の目安を検索できる機能や、自宅や会社などタクシーをよく乗降車する場所を登録しておく「お気に入り」機能を搭載した。

 同社は、1月18日に日本で初めてタクシーの配車を依頼できるiPhoneアプリとして配信を開始。2月にはAndroid版を投入していた。対応地域は東京23区、武蔵野市、三鷹市。アプリ経由の配車に対応したタクシーは5000台以上。