PR

 イーディーコントライブは2011年4月21日、セキュリティ機能付きUSBメモリー「TRAVENTY SuperVision」を5月20日に発売すると発表した。USBメモリーを暗号化できるうえ、インターネット経由でデータを消去したり、操作ログを保存したりできる。

 TRAVENTY SuperVisionは暗号化機能付きUSBメモリー「TRAVENTYシリーズ」の新版に当たる。USBメモリー資産管理ソフト「AsserFinder」と連携することで、リモート消去や操作ログ取集などの機能を追加した。

 価格は容量が2Gバイトでウイルス対策機能付きの「TRAVENTY V SuperVision 2GB」が1万800円。4Gバイトの「同 4GB」は1万5800円、8Gバイトの「同 8GB」は2万800円、16Gバイトの「同 16GB」は3万800円、32Gバイトの「同 32GB」は4万800円となる。ウイルス対策機能を持たない「TRAVENTY SuperVision」はTRAVENTY V SuperVisionよりも同容量で1000円安い。

 USBメモリーを管理するためのツールとして「TRAVENTY 管理者ツール」が必要となる。このソフトの価格は5万円。AssetFinderは無料だが、AssetFinderを使ってリモート消去や操作ログ収集を行うには、USBメモリー一つ当たり月額200円の「SV機能月額利用料」が必要になる。