PR
写真1●カヤックが開発・提供するインターネット電話アプリ「Reengo」
写真1●カヤックが開発・提供するインターネット電話アプリ「Reengo」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Facebookの「友達」に電話がかけられる
写真2●Facebookの「友達」に電話がかけられる
[画像のクリックで拡大表示]

 面白法人カヤックは2011年5月11日、インターネット電話アプリ「Reengo」(写真1)の無料提供を開始した。Facebookのアカウントと連携して動作する。

 当初提供されるのはiOS4.0以降を搭載するiPhone 3G/3GS/4用。App Storeで配信される。5月下旬にはAndroid版の提供も予定している。当初は日本だけの公開となるが、今後は海外マーケットにも拡大する予定である。

 Reengoをインストールしているユーザー同士がFacebookの「友達」である場合、電話番号を知らなくても「友達」リストの相手に対して電話をかけられる。「友達」がReengoをインストールしている場合は、Reengo上の「友達」リストの名前の横に受話器のアイコンが表示される(写真2)。

 通話の仕組みは一般のインターネット電話と同様だという。Reengoで電話をかける際、最初に面白法人カヤックが用意している電話用のサーバーにアクセスして認証などを実施。その後はReengoのアプリをインストールした端末同士のピア・ツー・ピアの通信となる。

 なお、Reengoによる通話自体は無料だが、パケット通信料は別途発生する。

■変更履歴
当初、「iOS3.1.3以降」とありましたが正しくは「iOS4.0以降」、「5月初旬にはAndroid版の提供も」とありましたが正しくは「5月下旬にはAndroid版の提供も」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2011/05/11 16:20]