PR

 ユニアデックスは2011年4月27日、企業で扱う電子メールの本文や添付ファイルを暗号化する「メール暗号化サービス」を提供開始した。同社が以前から提供しているSaaSによるメールサービス「スパークメール」、または企業のメールシステムに付加する「メール安心ゲートウェイ・サービス」の追加サービスとして用意する。

 メール暗号化サービスの最大の特徴は、社員がメールを送信する際に、メールの本文や添付ファイルを強制的に暗号化すること。ユーザー企業にとっては、メールの暗号化についての社内ルールを徹底できるようになる。社員による「大事なメールなのに暗号化するのを忘れて送信してしまった」というリスクの高い行為を防げる。

 サービスの仕組みとしては、社員が暗号化済みメールを送信した後に、復号用のパスワードを入れたメールを送信先に対して自動送信する。受信した側は、この復号用のパスワードを使って、先に送られてきた暗号化済みのメールを読む。

 このサービスで扱える暗号は2つ。「ZIP暗号化」方式と、「Camellia(カメリア)暗号化」方式である。CamelliaはNTTと三菱電機が共同開発した国産の暗号化技術で、高速に処理できることが特徴。

 送信する際にどの方式を使うかは、組織内のグループごと、あるいは取引先などに応じて設定が可能。また、文書内に特定のキーワードがある/ない、添付ファイルがある/ないといった条件に応じて、暗号化しない設定もできる。受信した側が使う復号用のパスワードについては、固定または自動生成のいずれかから選択する。

 料金は、ZIP暗号化方式が使える「標準タイプ」が、ID当たり月額126円(税込、以下同)、これにCamellia暗号化方式を追加したタイプが、ID当たり月額178円。