PR
写真●Google Apps for Business向けにワークフロー機能を追加する日本技芸の拡張サービス「rakumo ワークフロー」
写真●Google Apps for Business向けにワークフロー機能を追加する日本技芸の拡張サービス「rakumo ワークフロー」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本技芸は2011年5月9日、米Googleの企業向けクラウドサービス「Google Apps for Business」(以下、Google Apps)に、申請や承認、回覧などのワークフロー処理を拡張機能として追加するサービス「rakumo ワークフロー」の提供を開始した(写真)。価格は1ユーザーアカウントあたり月額315円。Google Apps for Businessを利用するための契約も別途必要となる。

 rakumo ワークフローは、経費の申請や精算、営業報告などの各種報告、それに対する上長による承認や回覧といった多くの日本企業で一般に行われているワークフロー処理を、Google Appsで管理しているユーザーやグループを単位として実行できるようにするクラウドベースのサービス。

 一般の従業員がWebブラウザーを使って同サービスにアクセスし、申請書を選んで必要項目を埋めて送信すると、あらかじめ設定した承認ルートに沿って申請が上長や管理者に届く。申請を受け取った上長や管理者は、Webブラウザ上で申請内容をチェックし、承認あるいは却下を簡単に行える。申請内容に不備がある場合などに、コメントを付けて差し戻すといった処理も可能である。

 交通費や経費の精算といった典型的な申請書についてすぐに使えるテンプレートを用意している。そのほかに、ユーザーが自社の社内規定やポリシーに合わせたオリジナルの申請書を作成することも可能。日本技芸によれば、承認ルートの変更なども業務形態の変化などに合わせて柔軟に設定できるとしている。

 Google Appsをグループウエアのように使いたいと考えている国内企業ユーザーにとって、国産グループウエアが標準的に備えているワークフロー機能がないことは「かなり悩ましい状況」(日本技芸)だという。rakumo ワークフローをGoogle Appsに追加導入することで、「国産グループウエア顔負けのワークフロー機能を備えたクラウドベースのグループウエアを実現できる」と、同社は自信を見せている。