PR
Windows Azure Toolkit for Android(Prototype Preview)
Windows Azure Toolkit for Android(Prototype Preview)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間2011年5月9日、同社のクラウド基盤「Windows Azure」に対応したモバイルアプリケーションを開発するためのツールキット「Windows Azure Toolkits for Devices」の拡充を発表した。Microsoftのモバイルプラットフォーム「Windows Phone」向けのほか、米Appleの「iOS」と米Googleの「Android」向けを揃える。

 開発者はWindows Azure Toolkits for Devicesにより、Windows Azureを利用したデバイス通知、ユーザー認証、スコアランキングといった機能を複数のプラットフォーム向けに共通して提供することができる。同時にプラットフォームごとに特化したクライアントコードを記述することで、各デバイスの機能を最大限引き出せるとしている。

 iOS向けの「Windows Azure Toolkit for iPhone v1.0」は、Windows Azureにアクセスするためのコードライブラリーをはじめ、iOSアプリケーションのサンプル、ドキュメント、Windows Azure実装パッケージなどで構成する。

 Windows Phone向けには、先月リリースしたツールキットに新機能を追加した「Windows Azure Toolkit for Windows Phone v1.2」を2週間以内に利用可能にする。「Windows Azure Access Control Service」と「Windows Azure Storage Queues」へのサポートを統合する。

 Android向けの「Windows Azure Toolkit for Android」は現在プロトタイププレビューの段階で、iOSおよびWindows Phone向けと同様の機能を備えた正式版を今夏にリリースする。

[発表資料へ]